ウイングアーク1st(株)【4432】IPO上場承認!

新規上場承認

ウイングアーク1st(株)の上場が20日(木)に承認されています。
企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサービスの提供」を事業とする会社のようです。
早速、目論見書からIPOの情報をまとめ、現時点でのBBスタンスを判断したいと思います。

上場会社のBB判断情報

ウイングアーク1st(株)の上場の概要は以下の通りです。

社名ウイングアーク1st株式会社
コード4432
上場市場 東証一部又は二部
(売出し条件決定後に決定予定)  
業種情報・通信業 
発行済株式総数31,198,000 株  
公募株数0 株 
売出株数15,517,100 株  
OA1,317,400 株 
想定価格1,670円 
仮条件決定日3/9(月)
公開価格決定日3/16(月)
吸収金額約281.1億円 
BB期間3/9(月)~3/13(火)
上場予定日3/26(木)
主幹事野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
メリルリンチ 日本証券
引受幹事みずほ証券
SMBC日興証券
大和証券
S BI証券
楽天証券

現時点でのBBスタンス

さて、情報を纏めている際に気になったのは以下の点です。

  • 2013年に前身である「 1stホールディングス株式会社」が東京証券取引所市場第二部への上場を廃止しており、再上場となる。
  • 昨年2019年に、市場環境の悪化を理由にIPOを中止している。
  • ロックアップはしっかりだが、当選枚数が多く吸収金額も多い。
  • 主力製品SVFは、「日本国内の帳票ソフトウェア市場において出荷金額ベースでトップシェアとなる46.8%を占めている」模様 (ウィキペディアより) 。

まとめの上から3点まで爆益とはいかないかもしれませんが、ただ業績も問題なく、想定価格ではPER・PBRともに割高感は感じません。よって現時点ではBB全力参加予定。仮条件価格の提示を楽しみに待ちます。

タイトルとURLをコピーしました