【IPO】2020年間成績

年間成績

2020年は、「Bランク以上の初当選」と「1年目以上の利益」そして「ブログの継続」が目標と始めた一年。コロナ禍で世の中一変した激動の一年となりましたが、下表が今年のIPO当選銘柄とその売買結果となりました(2020年12月末時点)。

銘柄証券会社評価当選株数公開価格初値売値利益 
フォーラムエンジニアリングみずほD1001,3101,030保有中-44,000
関通マネックスD1004901,0321,03254,020
Sun AsteriskマネックスC1007001,2094,095339,005
モダリスみずほC1001,2002,520保有中101,200
I-neSMBC日興C1002,8903,2503,25035,560
ダイレクトマーケティングミックス楽天D1002,7002,6002,7747,400
プレミアアンチエイジング野村C1004,1405,6705,670151,952
合計700645,137
(注)利益は、手数料考慮済み・税金未考慮。赤字は未確定。評価は某有名サイトのものを使用させてもらっています。

本年の目標としては、「Bランク当選なし」「ブログは最後ボロボロ」と他の人からみたらなんだかなぁという状況になってしまいましたが、まぁ我が家にとっては少なくない利益を得られましたし、コロナ禍のなか投資を続けてよかったと思える一年となりました。

でもこうして今年の当選一覧や去年の当選一覧を見ると、やはり売却のタイミングが一番難しいですね。ひとそれぞれ周囲の状況も違うし、IPOや投資に関する考え方はあるでしょうが、我が家のようなDINKs家庭の場合、そんなにに銘柄選別(公募割れ)にも慎重になる必要はないのかなというのが最近の実感です。現に「当選で回ってくるのはやはり事前人気的にはそれなりのものが多く、ほとんど100株。」「当選銘柄を全銘柄ホールドしていたほうが合計での利益は格段に多かった」ことを考えると、来年どれだけ幸運に見舞われるかはわかりませんが、より数打てどんどん・なるべくホールドの考えを強めて行動したいかなと思っています(まぁもちろん状況次第というのはありますが)。

最後に、今年は目標を立てていましたが、来年に関しては特に立てずに行こうかと思っています。気が向くままにやろうかと。まだサイトがあったら珠には見てやっていただけると嬉しいです。



タイトルとURLをコピーしました